高濃度水素水生成器は意味がない!?

 

高濃度水素水

 

 

ダイエットや美容、アンチエイジング、疲労回復などに効果のある水素水。

 

多くの芸能人やモデル、プロスポーツ選手も愛飲しています。

 

人気ブロガーもこぞって記事にとりあげたため、今、水素水が一大ブームとなっています。

 

そんな水素水の中でも人気なのが高濃度水素水です。

 

その高濃度水素水をあっという間に作れてしまう、便利な機械がこちら。

 

高濃度水素水生成器

 

【高濃度水素水生成器】です。

 

いつでもどこでも手軽に水素水をつくることができ、市販の水素水に比べて「1杯あたりの値段も格段に安い」と評判も上々。

 

ウォーターサーバーに比べて場所もとらないので、自宅はもちろん会社でも使いやすいというのが人気の理由です。

 

そんな高濃度水素水生成器ですが、最近インターネットの一部では「買っても意味がない」などのネガティブな噂も目につきます。

 

インターネットの口コミ

 

インターネットの一部の噂では

 

  • 「水素水自体に効果がない」
  • 「水素濃度が高くてもあまり意味がない

 

などの書き込みが見受けられます。

 

果たしてこの噂はあくまでも噂なのか、それとも本当なのか。

 

「高濃度水素水発生器 意味がない」の言葉で検索すると、次のような口コミがありました。

 

>買うだけ無駄です

高濃度水素水生成器を20万円で購入しました。

 

初期費用の他にメンテナンス代やカートリッジ交換の費用などもかかります。

 

トータルで考えると市販の水素水の方がよっぽどマシです。おすすめできません。

 

>水素濃度は高くても意味がありません


水素水で高濃度のものを謳っている商品がありますが、最近TVや雑誌で

 

「体内に摂取した水素の約6割は体外に排出される」

 

「体が水素を摂取できる水素濃度は約0.4ppm」

 

というのを目にしました。

 

水素水の水素濃度は1.0ppmくらいで十分みたいですよ。

 

なのであまり高濃度の水素水を買っても意味がないと思います。

 

これらの噂を耳にすると、

 

「水素水はあまり濃度が高くても意味がないのか」

 

と思ってしまいますよね。

 

 

でも、ちょっと待ってください!

 

実はこの意見、詳しく調べてみると意外なことが分かったのです。

 

水素水のが濃度が高い方が有効とする意見も!

 

高濃度水素水生成器を販売しているメーカーのホームページでは、このような記載がありました。

 

「水素濃度が1.0ppm以上の商品は意味がない」という一部の噂がありますが、全くの根拠がない噂にすぎません。

 

水素濃度が高いほうがいいのか、低くても効果が変わらないのかは現在、様々な学者の説があり「どれが本当に正しいのか」ははっきりしていません。

 

「水素濃度が高い方が効果的」という文献やその説を唱えている学者さんも多いのです。

 

「水素濃度1.0ppm以上は意味がない」と言っているメーカーさんは、その位の濃度しか生成できない技術しかもっていないため、ネガティブキャンペーンを行っているのです。

 

これらの噂には惑わされませんよう、ご注意願います。』

 

 

どの業界でもライバル会社同士のつばぜり合いはありますよね。

 

水素水の濃度が高い方が有効かどうかは、もっと多くの実験データが出てこないとはっきりしないということは納得できました。

 

でも、どうして高濃度水素水を販売しているメーカーは「水素濃度が高い方が効果が高いかどうか」ハッキリしていないのに販売しているのでしょうか?

 

こんな意見がありました。

 

そこで調べてみると、高濃度水素水を販売しているメーカーさんは「高濃度水素水の利点」を次のように説明しています。

 

@水素は「摂りすぎ」の心配がありません!

 

水素 画像

口コミに書かれていた通り、仮に「体が水素を摂取できる水素濃度は約0.4ppm」の主張が正しかったとしても、残りの水素は体外に排出されるので「摂りすぎの心配」がありません。

 

摂取できる水素濃度が高かった場合は、その分だけ効果が高まるということです。

 

A市販の水素水は「飲む直前の濃度」が低いのです!

 

高濃度水素水 市販品

アルミパウチやペットボトルの市販の水素水ではふたを開けて飲むまでにどんどん水素が外に逃げてしまうというデメリットがありますが、高濃度水素水生成器ならその心配はありません。

 

水素の分子は数ある物質の中で最も小さいため、ペットボトルやアルミパウチのごく小さな隙間(水の分子よりも小さい)さえも通り抜けてしまうのです。

 

製造から流通、手元に届くまでに水素がどんどん減っていってしまいます。

 

また、ふたを開けて飲む瞬間にも水素が空気中に逃げてしまいます。

 

他のミネラルウォーターに比べて水素水の「消費期限が短い」のはこのためです。

 

市販の水素水では・・・。

 

水素水 市販品 特徴

 

1本当たりの値段も高額です。

 

高濃度水素水生成器なら・・・!

 

高濃度水素水生成器

いつでもどこでも高い水素濃度の水素水を作り立てで飲むことができます。

 

飲みきれなかった分でも、もう一度水を足してスイッチを押せばまた高濃度の水素水が生成できるのでムダがありません。

 

操作も簡単、水を入れてスイッチを押すだけ! たったの3分でできたての高濃度水素水を飲むことができます。

 

B水以外の飲み物にも水素を発生させることができます!※対応機種のみ

 

高濃度水素水 スポーツドリンク

お茶やコーヒーにも対応している高濃度水素水生成器なら色んな飲み物に水素を入れて飲むことができるので、飽きずに飲むことができます。

 

毎日飲みたい水素水だから、色んな飲み方ができると飲みやすくて続けやすいですね。

 

(※このページで紹介しているマジックポットはミネラルウォーターのみです。)

 

⇒ 冷たいお茶・スポーツドリンクにも対応している水素水生成器「ポケット」

 

 

確かに便利そうだけど・・・。

 

高濃度水素水生成器って高いのではないですか?

 

高濃度水素水生成器なら「ポータブル型がおすすめ!」

 

高濃度水素水生成器の中には、30万円以上する高額なものもあります。

 

なので「価格が高い」という口コミは半分事実です。

 

ですが、例えば、ポータブル型の高濃度水素水生成器「マジックポット」のように、値段もお手ごろで500ml当たりにかかる費用もわずか35円ですむ商品もあります。

 

クリクラ マジックポット 値段

 

家計に優しいので、これなら安心して毎日続けて飲むことができますね。

 

機械音痴な私でも、本当に簡単に作ることができるのかしら?

 

使い方はとってもカンタンです!

 

マジックポットは以下の3ステップで簡単に作成できます。

 

マジックポット使用方法

 

水素発生の様子

 

 

たくさんの水素が出ているのがわかります。水素濃度は自分では調べることができないので、水素が発生している様子が目に見えるのは安心できていいですね。

 

「高濃度水素水生成器は意味がない?」を検証した結果!

 

「高濃度水素水は意味がない」というウワサを検証した結果

 

  • 水素濃度の高さについて「効果がある・なし」はハッキリしていない 

    ⇒ただの「ウワサ」だった!

  • 価格は高いものもあるが、ポータブル型で安いものもある

    ⇒半分本当、中には安いものも!

  • ポータブル水素水は「安い」「持ち運びに便利」「色んな飲み方が楽しめる」など、様々なメリットが!

 

このようなことが分かりました。

 

使いやすさとコスパで考えると、こちらのポータブル型高濃度水素水生成器が一番いいようです。

 

マジックポットの販売店と価格について

販売店について

 

マジックポットはどこで購入できるのか? 販売店を調べてみると・・・。

 

→大手通販サイトの楽天やAmazonなどでは取り扱いがありませんでした。

→大手家電量販店などの実店舗でも販売されていませんでした。

 

高濃度水素水生成器・マジックポットは公式サイトのみの販売となっています。

 

取引先や中間業者へ支払うマージンをなくし、価格を下げて販売することでより多くの方に使ってもらいたいという会社の理念があります。

 

マジックポットの本体価格は35,000円(税別)です。

 

500mlの高濃度水素水を1000回作ることができます。

 

35,000円÷1000回=1本当たり35円の計算です。

 

→1001回目以降はタンクベースユニット(12,000円/税別)を交換。

 

1001回目以降は1杯あたり12円とさらに経済的です。

 

 

マジックポット公式サイト

 

高濃度水素水商品のコストを比較!

 

市販の高濃度水素水商品のコストを比較してみました。

 

アルミ缶・アルミパウチ商品

高濃度水素水生成器 比較

 

1本300ml150円〜200円前後と割高。製造時から水素が抜けているため、飲む時点での水素濃度は低い。一気に飲まないとどんどん水素が逃げていってしまう。

 

家庭用水素水サーバー

高濃度水素水生成器 比較

費用が高額。10万円〜30万円と価格はピンキリ。カートリッジ交換代やメンテナンス代、設置費用などもかかる。3年以上利用する場合はレンタルより購入した方がお得。保証期間外で故障した場合、修理費が高額

 

 

マジックポット

高濃度水素水生成器 値段

1回500mlあたりが35円と格安で高濃度水素水が生成できる。
水素濃度の調節も可能。転倒防止ブザー付。
10001回目のカートリッジ交換以降は1杯12円とさらに安くなる。

 

 

 

 

 

アルミ缶やアルミパウチは手軽に飲めて便利だけど、1本あたりが高いのね。

 

水素水サーバーは大人数やお店で使うならアリかもだけど、初期費用が高すぎて手が出ないわ。置く場所にも困るし・・・。

 

マジックポットはどちらのデメリットもないからこれが一番いいみたい。

 

【高濃度水素水生成器】マジックポット購入者の口コミ

 

クリクラ マジックポット 口コミ

 

高濃度水素水生成器・マジックポットを実際に購入された方はどのように使っているのでしょうか?口コミや体験談をご紹介します。

 

>費用が安くすむので助かっています

毎日続けて飲むお水だから費用が安くすむのはとても助かります。

 

うちには2人の子供もいるのですが、ミネラルウォーターをマジックポットに入れて水素を含ませてから水筒に入れて持たせています。

 

「味は普通のお水だけど、水素が入ってるって言ったらみんなにいっぱい飲まれた」といっていました。

 

部活動をやるお子さんには疲労回復になるのでおすすめです。

 

>子供がいる家庭でも安心して使えます

うちの子は何にでも興味を示すので、安全安心な水素水生成器を探していました。

 

インターネットで検索して「マジックポット」を知り、「空焚き防止機能」や「転倒時ストップセンサー」がついていたので購入しました。

 

これなら子供がいたずらしても安心です。

 

>会社で使っています

私の仕事は昼夜交代制の仕事で、時間が不規則なため疲れが抜けないことが多いです。

 

水素水は疲労回復にも良いと聞いたので、こちらの高濃度水素水生成器を購入しました。

 

2か月くらい飲んでいると、体の調子がよくなったり疲れも抜けやすくなるなど効果を実感できますよ。

 

今では会社に持ち込んで、いつもこれを使って飲んでいます。

 

>シンプルな構造になっているので洗いやすくて手間もかかりません

主人が高濃度水素水生成器を買いたいと言い出し、出来ることなら簡単に洗えてメンテナンスも楽なものがいいと言いました。どうせやるのは私ですから。(笑)

 

マジックポットはシンプルな構造なので、洗いも簡単で便利ですよ。
水素水はアンチエイジングにもいいので、続けて飲んでいます。

 

元々水を飲むだけでもデトックス効果はあるので、高濃度水素水でさらに体内の活性酸素除去や代謝を高めてくれるのはいいですよね!

 

私は「有り難い水」と思っていつも欠かさず飲んでいます♪

 

>どうしても禁煙できないので・・・

私は30年煙草を吸い続け、今更やめられないし禁煙も続かないので家内がマジックポットを購入してくれました。

 

喫煙した後や飲酒の後に飲むと、体の毒素が抜けていくような気がします。

 

お水なので急にはっきりした効果は出ないと思いますが、続けて飲んでいるとやっぱり水素水は違うなぁと思います。

 

>ジムで汗かいた後はこれが一番!

私の通っているスポーツジムでは水素水が流行っています。ジムでも販売されているのですが、毎回購入するとなるとどうしても高くついてしまいます。

 

マジックポットなら3分で水素水が簡単に作れるので、ジムで汗かいた後はこれを使って水素水を飲んでいます。疲れも溜まりにくいし、美容にもいいですよ。お肌もツルツルになりました。

 

ジムのお友達も水素水を飲んでいるのですが、私が使っているマジックサーバーの方が安いし水素濃度が高いからと購入したみたいです。

 

どの口コミサイトを見ても評価が高いので、買ってよかったと思っています。

 

口コミでは効果や手軽さ、コスパについて評価している意見が目立ちました。

 

 

ダイエットや生活習慣予防に!
アンチエイジングやお肌ケアに!

 

3分でできる高濃度水素水がいつでもすぐに飲むことができるマジックポット。

 

毎日の美容と健康維持に、水素水のある生活をはじめてみませんか?

 

 

高濃度水素水生成器 マジックポットのご購入はこちらから

 

高濃度水素水生成器 マジックポット

 

高濃度水素水生成器 マジックポット

 

>>>マジックポットの取扱説明書(PDF)はこちら

 

 

↓↓↓商品詳細・ご購入はこちら↓↓↓

 

 

 

 

 

 

更新履歴